Instagramは出会い系に使えるか?体験した結果は...。

★おすすめ。管理人が使い倒した!驚くほど会える、出会い系サイトランキングBest5

Twitterを超えた?急成長のinstagram(インスタグラム)は出会いの宝庫?


ダウンロード.jpeg

Instagram(インスタグラム)、略してインスタは画像共有系のSNSです。本来出会い系に適したSNSとは言いにくそうなインスタグラムですが、実際にはどうなのか、管理人が挑戦してみました。 Instagraは、2014年12月には月間のアクティブユーザーが全世界で3億人を超え、世界的メジャーSNSのTwitterを超えたのではないかとして話題になりました。日本でも女性芸能人やモデルが中心となって公開した自撮り画像や私服画像がメディアに取り上げられたことで一気に知名度を高めています。

Instagramは、実はそれ程新しいSNSではなく5年程運営開始から経っていて、最初は自分の撮った画像を加工して共有できるというシンプルな機能でしたが、Facebook傘下になって以降、コメントやタグなどのSNSとして固まっていったという経緯があります。

画像共有系ということで、投稿には画像か短いビデオ動画が必須なのですが、これがむしろFacebookでのリアル知人との見栄の張り合いや、Twitterでの言葉尻をあげつらうような面倒臭さがなく、写真だけでシンプルに自己表現できるというのがウケているのではといった背景もあります。

ユーザーの男女比や、日本国内でのユーザー数などは正式に発表されてはいませんが女性芸能人などに影響を受けてはじめた多いということもあって、日本では現在メインのユーザーは10代後半から20代の女性です。女の子の多いというのであれば出会いを期待せざるを得ません。管理人も早速使ってみました。


使い方の感覚はほぼTwitterと同じと思っていいが独自のポイントも

大まかな使い方はTwitter的といって問題ないと思います。違う点としてはリツイートやフェイヴァリットなくて代わりに「いいね」があるということでしょうか。投稿に対してコメントがつけられますが、基本的にすべて投稿された画像にぶら下がる型になっています。 気に入った画像には「いいね」を押して、気に入ったユーザーはフォローするのが基本的な使い方です。

やはり、現実的に「出会う」ということになるとメールのやりとりが必要になります。Instagraにはダイレクトメールの機能がちゃんとあるので安心です。ダイレクトメールは相互フォローの状態になくても送れる仕組みになっていますが、相手側が受け取るかどうか選べます。いきなりのダイレクトメールはほぼ受け取ってもらえませんので相互にフォローし合う仲になってからにしましょう。

投稿する時は投稿する前にインスタの機能で簡単な画像加工ができますが、あらかじめ他の画像編集アプリで加工したものを使ってもいいでしょう。画像メインのSNSなのでとにかく雰囲気のいい画像が喜ばれます。投稿時にはキャプションもつけられます。文字数の制限はありませんがインスタでは説明よりも「#」から始まるハッシュタグが検索で使われるので重要です。 長々と説明文を書くよりもよく使われるハッシュタグを上手く使うのがいいでしょう。この辺りは、改めて詳しく説明します。


インスタグラムでの出会いの可能性は?

インスタグラムは画像系のSNSということもあって普通の女の子でも自撮りを投稿している割合が高いです。 人気モデルがちょっと際どい画像をあげれば、我も我もと同じようなアングルの画像がアップされます。それだけ承認欲求が強いのでしょう。とにかく「いいね」が欲しいのか「#セクシー」「#下着」「#おっ●い」だなんだでザクザク検索に引っかかります。あまりに露骨にエロい画像はサクラの可能性もありますので顔までは出していない子のほうがいいかもしれません。さすがに上記のようなタグをつける女の子たちは、周りに微妙な男性も集まっていて避けるほうが無難かもしれません。男性のあしらいも慣れているでしょう。

一方で、人から「いいね」をもらったりコメントをもらうために、普通に顔出しをしていて、日常をオープンにすることに抵抗がなく、承認欲求の強い女の子達と出会いまで持ち込むのは不可能ではありません。ただし、道のりはかなり厳しいです。次から、筆者が出会いに成功するまでの道のりを解説しますね。


インスタグラムで出会うためには アカウントを育てよう

インスタグラムで出会うために、一番重要なのは自分のアカウントを育てることです。 他のSNSや出会い系サイトにも言えることですが散々いいねも押してコメントも書いて、それで相手が反応してこちらを見に来たら何にも書いてなかったらどうしようもありません。

まず、アカウント自体に十分な投稿のボリュームが必要です。スタートラインとして必要な投稿数は50枚の画像は必要です。50枚あれば十分とうわけではなく、あくまでスタートラインです。それに加えて、あなたのアカウントのフォロワーを一定数獲得するのも必要です。ある程度の人数のフォロワーがつくと、あなたの信頼が増します。

管理人が、実際に出会いまで持ち込めるようになるまでには、フォロワーを600人以上まで増やす必要がありました。(正確には628人時点で出会い達成です)この数値まで増えると、フォロワーのうちの何人かの女性とはかなり親しくなっています。お互いの投稿で、頻繁に「いいね」をしたり、コメントをやりとりしたりする仲になっているはずです。この状態まで達した時に、はじめて直接のメッセージのやりとりが成功する可能性がでてきます。お互いをフォローして、コメントのやりとりが発生している状態でなければ、まず直接メッセージのやり取りも成立しません。

先述している通り、あまり知られていないのですがInstagramaには、直接メッセージをやりとりする機能があります。ここで、ダイレクトメッセージやりとりをした上でLINEのIDを交換するところまで持ち込むのが王道です。なぜLINEのIDの交換が必要なのか?Instagramらしいといえばらしいのですが、Instagramのダイレクトメッセージは必ず画像も一緒に送る必要があります。画像とセットのメッセージだとやりとりが続きにくいため限界があります。そのため、早期にやりとりがスムーズなLINEに乗り換える必要があります。まずそれよりも、ポイントはどうやって直接メッセージを送り合える関係の女の子を増やすのか。これにつきます。

ではこれから具体的に、アカウントを育てるためのポイントをまとめます。実際に、管理人が600以上のフォロワーを獲得するまでには、Instagramに張り付いて1ヶ月以上ひたすら頑張りました。結構しんどいです。この作業を乗り越える自信がなければ、普通の出会い系のサービスを使ったほうがいいかもしれません...。


投稿するためのテーマを特化させる

実際に、Instagramを使ってみるとわかりますが、投稿内容は、ある程度テーマが絞られている方が魅力的に見え、フォロワーが増えていく傾向があります。一般男性の散漫な日常風景なんて誰も興味はありません。外食などのグルメでもいいですし、料理ができるなら手料理、女子ウケの良さそうなペットがいればそれでも構いません。普段読んでいる本をオシャレに撮影してもよいでしょう。 外食でも、徹底的にオシャレなカレーだけを投稿するなど、尖ったアカウントはフォロワーが増えます。

管理人の場合は、都心のおしゃれなレストランの写真や、カフェの写真を中心に投稿することでフォロワーを獲得しました。 男性の場合は、見た目の華やかな手料理もかなりウケがいいでしょう。都市部周辺で、比較的おすすめなのがスターバック関連。 スターバックスのタグ(#スタバ #スターバックス #starbuck)は、閲覧者も多く、総じて女性のイメージも高いです。 ほとんどのお店は店内がオシャレですし、500円前後でコーヒーなどの飲み物を買うだけでおしゃれな写真が取れるので、おすすめのテーマの一つといえるでしょう。 他にも、犬や猫など、かわいい動物を飼っている人は、とびきりかわいいペットの画像を投稿するだけで、「いいね」や「フォロー」「コメント」がつきやすく有利です。

上記のように、都心住まいの人は問答無用でInstagarmは有利です。他にも、京都などの人気の観光値も写真の素材に困りませんね。 有利な場所に住んでいる人は、Instagramにはチェックイン機能がありますので行動範囲のアピールで共通の地域にいることを知らせたりできます。このように、うまくオシャレなライフスタイルを演出できれば、フォロワーも増えるし女性からの好感度も高まります。そうなんです。Instagramは「リア充」の演出が不可欠なのです。もちろん、ライフスタイルをオープンにすることで安心して会うことのできる人だと印象付けることもできます。


きれいな画像投稿を極めるためには、フィルターを活用する

次にキレイな写真を取るためのノウハウです。写真のセンスは、フォロワーの獲得や、コメントに直結します。残念ながら、写真のセンスがない人はInstagramで出会うのは難しいでしょう。しかし心配はいりません。センスは修練することで磨くことができます。Instagramで写真を極めている人たちは、ほぼ間違いなく一眼レフなど高額のカメラ機材をつかっていますが、そこまでのものは必要ありません。管理人は、普通のiPhoneの写真だけで1ヶ月でフォロワー600人、2ヶ月半でフォロワー1000人以上まで達成できました。

キレイな写真を極めるためのポイントは、まず他人の投稿を研究する。これにつきます。 どのようなアングルで写真をとっているのか、空であればどんな時間帯だとキレイな写真になりやすいか真剣に勉強します。 さまざまな、インスタユーザの写真を「自分で撮れるかな?」という視点で見ていると、ポイントが分かってくるのです。 なんでもない、自分の足元を撮った写真でも、工夫一つですごくオシャレになっているものなどもあります。 身の回りに、キレイな写真を取るための素材がないと嘆く前に、周りの人たちの工夫を徹底的に研究してノウハウを盗んでしまいましょう。

次に重要なのが、フィルター(加工)技術です。管理人の考える限り、写真がオシャレになるかどうかは、この加工技術につきます。まず、Instagramには標準で「LARK、REYES、JUNO...」といったような、写真をお洒落にするためのフィルタが揃っています。Instagram初心者は、まずは難しいことに手をださずに、徹底的にこれらの標準のフィルタを使いこなすようにしてみることをおすすめします。 一つの写真でも様々なフィルタを適用させることで、全然違う写真になることが分かるでしょう。同じ空一つにフィルタをかけるとしても、快晴の空に向いたフィルタと、曇空をすごくオシャレに見せるフィルタなどがあります。

他にも、管理人が愛用している画像加工用のアプリでは、Image Sizerといった画像のサイズやデザインを加工するアプリや、Waterlogueという写真を水彩画風に加工するアプリなどもあります。また、料理の写真の加工でおすすめなのは、SnapDishというアプリです。こちらの標準でついている料理用のフィルタを利用するだけで、どんな料理でも格段に美味しそうに見えます。 こういった一つ一つの手間が、アカウントの成長の差を決定的なものにするのです。


とにかく、「いいね」や「コメント」をこまめにつける

最後に、一番重要なことですが、「いいね」や「コメント」などを頻繁につけることが、フォロワーの獲得、また最終的なメッセージのやりとりに持ち込むためには必須となります。そもそも、フォロワーを増やしていくためにはあなたのアカウントを見に来る人を増やす必要があります。そのためには、いろいろなタグを検索して、仲良くなりたいアカウントの投稿に、「いいね」をつけたり「コメント」をつける必要があります。管理人の場合、平均して一日「いいね」は700件以上、コメントの数は50件以上はつけていくのを心がけていました。結構大変ですが、これは作業と割りきってひたすら頑張るしかありません。

ここまでやると、自然にあなたのアカウントにも「いいね」や「フォロー」「コメント」が増えていき、日々賑わってくるようになります。ただし、あなた自身のInstagramの投稿画像のレベルが低いと、これらの反応は非常に悪くなるので、あくまでレベルの高い投稿を保った状態で活動する必要があります。この女の子とは、どうしても仲良くなりたい!出会いたい!と思う子がいたら、恐れずに「フォロー」をしてみましょう。あなたのアカウントが成長していれば、高い確率でフォロー返しをしてくれるはずです。ここまでくればあと一歩です。コメントのやりとりを一定期間通せば、ダイレクトメッセージでのやりとりに持ち込めるでしょう。


Instagramで出会うには、ここまでやらなくちゃいけないの??

ここまで読むと、「よし頑張ってみよう!」という人もいれば、「そこまでやらないと出会えないの!?」と、ちょっと引いてしまう人もいるでしょう。結論からいうと、ここまでやらないと出会えません。 Instagramは、もともと出会いを目的としているSNSではないため、Instagram内で出会うためには、よほどあなたが「魅力的に見える」ところまで演出することが必要だからです。その上で、気になっている相手の承認欲求をうまく満たしてあげる必要があります。 管理人が、実際に出会えるところまで辿り着くには、Instagramのフォロワー620人以上、投稿数230枚以上。 というところまで努力する必要がありました。時間にしても1ヶ月以上かかっています。

率直に言ってしまうと、出会いを目的にするのであれば、そういった用途に特化した出会い系SNSのPairs や、ワクワクくメールなどを使ってしまったほうが早いです。ただ、Instagramで人気者になるのは、独特の承認欲求が満たされるため管理人はちょっと癖になっていますw


管理人が選んだ優良出会いサイトランキングbest3