LINEのIDを掲示板に公開するリスクと危険性まとめ

★おすすめ。管理人が使い倒した!驚くほど会える、出会い系サイトランキングBest5

LINEの友達募集掲示板が急増中

 今や世界で6000万人、国内2800万人を超える利用者数を誇る無料通話、チャットアプリのLINE(ライン)、最近はその人気のカゲで想定外の利用法が拡まっています。WEB検索で「LINE掲示板」を引いてみると多数のヒットが得られると思いますが、この掲示板、LINEをナンパ、出会い目的のツールとして利用しようとする為のものです。


line.png

 サイト内には「絡みましょう」や「暇な子メールしよう」といった文言と一緒に、LINEのIDが表示されています。このIDを公開することでLINEのID検索を利用して知り合い以外の不特定の多数とやり取りしようというものです。LINEの利用者数の増加に伴ってこういった掲示板やスマートフォン用掲示板アプリが急増しています。


LINEは出会い系アプリではありません

 このようなLINEの出会い系利用の急増を受けて、運営元のNHN JAPANは友達募集掲示板等の利用を推奨しないこと、面識のない異性との出会い目的のLINEの利用は規約違反であることを公式ブログで発表しました。


 "これらのサービス(以下「非公認サービス」といいます)は全て弊社およびLINEとは一切関係ございません。また、利用者間でのトラブルに発展する恐れがあるため、弊社は、非公認サービスの利用を推奨いたしません。なお、利用者間でのトラブルに関しましては、弊社は一切の責任を負いかねます。

 LINEは、身近な知人とのコミュニケーションを円滑に・楽しくするためのサービスです。面識のない異性との出会いや交際を目的とする利用方法は利用規約で禁止しております。非公認サービスの利用をきっかけとして、LINEで面識のない異性との出会いや交際を求めることも利用規約違反となりますのでご注意ください。"

LINE公式ブログ「LINE非公認のサービスにご注意ください」
http://lineblog.naver.jp/archives/7351266.html

 "12.8.営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為。"

NAVER LINE利用規約
http://line.naver.jp/terms/ja

この発表と同時に、公式が把握している掲示板の名前を挙げ、個々にサービスの停止をもとめたこと、iTunesAppStore,GooglePlay等のアプリダウンロードマーケットに規約違反による通報を行った件を発表しました。


IDの公開はトラブルのもと?

 運営元がこのような注意喚起した背景には掲示板を利用したことによるトラブルが多発していることがあります。IDを公開する際には自分の簡単なプロフィールのほか、出会いたい人の条件も載せるのですが、IDを公開している時点で自分の意図していない人も自分のIDを友達として登録できることになります。LINEのIDは一回決めてしまえば変更不可であるため、LINE上でつきまといのような被害を受けるといった事例があります。その他、詐欺サイトや悪質出会い系への誘導や、掲示板を利用して出会った少女への乱暴事件も発生しています。


非公式」サービス利用者の3割がトラブルに遭遇している

 Lある調査によると、LINE利用者のなかで掲示板等の非公認サービスを利用したことのある人の30%が何らかのトラブルに巻き込まれた経験があるそうです。 今後こういった非公認サービスやその利用者に対して運営が削除など厳しい対応をとる可能性もあります。LINEでの出会いにはリスクがつきものであることを理解して利用しなければなりません。

管理人が選んだ優良出会いサイトランキングbest3