ポケモンGOは、出会い系に使えるか?体験してみました。

★おすすめ。管理人が使い倒した!驚くほど会える、出会い系サイトランキングBest5

世界中で大ブーム!ポケモンGOで出会い?


pokemongo.png

ポケモンGoで出会えるか、さっそく挑戦してみました。その結果ですが...。LINE IDを交換する関係まで発展できました!どのくらいの勝率なのか、どのようにして出会いに繋げることができたのか、管理人の体験を詳しく公開します。 他のSNSや、出会い系サイトとは、大分ポイントが異なるので戸惑うかもしれません。最後までお付き合い下さい。

先日、日本でのリリースとなったスマホ用アプリの「ポケモンGO」、待ちに待ったと言う人もいるかもしれません。 日本に先駆けてリリースされたアメリカなどでは一気に大ブームになりました。 街中にスマホを覗き込みながら歩き回る人々が溢れ、普段は人気もまばらな公園などに大挙として訪れる様子はニュースなどでも報じられました。どう考えても出会い系の香りがします。

登場から数週間のうちにこれまでの人気アプリをあっと言う間に抜き去るトップセールスを記録し、現在FacebookやInstagramなどメジャーSNSを超えるアクティブユーザー数となっていると言われています

イスラム界隈の宗教的指導者が異例となる声明を発表するなど、まさに世界規模の社会現象となっていて、開発元の任天堂の企業価値はポケモンGOのリリース以降それまでの2倍以上に跳ね上がり、ポケモン関連商品を扱う企業の株価も軒並み高騰するといった「ポケノミクス」現象が起きています。 また、日本の内閣府もポケモンGO配信開始にあたり、安全に利用する為の声明を発表しました。大体において、政府や、メディアが注意を促すようなブームになるものは出会いがつきものです。

後発にはなりますが日本はポケモン発祥の国、ブームになることは間違いありません。爆発的なブームは今だけかも知れませんが、今後も一定の安定したプレイヤーは確保し続けることができるでしょう。出会い系アプリとして期待大です。


そもそも「ポケモン」「ポケモンGO」て何さ?

「ポケモン」の名前自体聞いたことも無いという人はなかなかいないかもしれませんが。まずはそこから説明します。 「ポケモン」は「ポケットモンスター」の愛称で、ロールプレイングゲームのタイトルです。 1996年にゲームボーイで初代が発売されて以降爆発的な人気タイトルとなりそれから20年様々な続編などが制作されています。基本的には過去のポケモンは出会い系とは無縁です。

大雑把にいうとプレイヤーである主人公はポケモンという様々な変わった生き物が生息する世界を旅してポケモンを捕まえて、育てて、戦わせて冒険していくゲームですが、沢山の種類のいるポケモンを集めるコレクション要素や育成要素など子供だけでない幅広い年齢層に人気のゲームです。

海外でも大人気のゲームですが、海外進出の際「ポケットモンスター」が英語圏のスラングにあたるということで海外では「ポケモン」が正式名称となり、日本国内でも関連商品などはほぼ「ポケモン」で通用するようになっています。

そして今回の「ポケモンGO」はスマートフォン向けのゲームアプリです。拡張現実(AR)を用いた位置情報ゲームになっています。 簡単に言うと、スマホのGPS機能を使って現実世界の実際の地図上にポケモンが登場するので、従来のゲームのようにそれを捕まえて、育てて、バトルさせるといったものです。

ポケモンGOを起動させて実際に外を歩いているとスマホのカメラを通した画面上に実際の風景を背景にしてポケモンが登場しますのでそれを捕まえていきます。 また、名所旧跡やマクドナルドなどの位置には「ポケストップ」と呼ばれるものが設定されていて、そこに近づいていくとゲーム内のアイテム等が貰える仕組みになっています。

また「ジム」が各所に設定されていて、プレイヤーは3チームに分かれてそのジムをポケモンバトルで奪い合う、陣取り合戦のような要素も用意されています。


ポケモンGOでの出会いの仕組み

先行配信された海外などでは既に「ポケモンGO」は出会いアプリだという声が多数上がっています。 ですが、現状ではポケモンGOには他のプレイヤーにメッセージを送ったり、チャットしたりといったコミュニケーションをとる機能は全く実装されていません。

それではどうやって出会いに利用するのかというと、ポケモンGOは実際に外を歩いてポケモンを捕まえるゲームです。そう、その場で直接会うのです。 いわゆる同じ趣味の者同士が趣味の活動を通じて出会い、そこで意気投合して行動を共にする。というすごく素朴な方法です。

ポケモンGOが室内で楽しむのでなく、外を散策するゲームであること、大人気で大勢のプレイヤーがいることが前提となった出会い方ですね。

珍しいポケモンが出現すると話題のスポットに行ったら他にもプレイヤーがいて、これまでに捕まえたポケモンを見せあって親しくなったというような体験談は山ほどあるようです。

ポケモンGOを起動して街に繰り出して出会いに挑んでみた

ポケモンGOがなぜ出会いに使えるかと言うのと、人気にあやかったプレイヤー同士のリアルナンパと言うことは分かりました。 ということで早速ポケモンGOダウンロードして街に出てみました。

まず、ポケモンGOのアプリ自体は無料です。現在の課金要素はアイテム購入のみのようです。 このアイテム購入にはポケコインで購入するようになっていて、このポケコインが課金で入手できるようになっています。 このポケコイン、課金以外でもゲーム内でのバトルなどでも入手できるようです。

そして、ポケモンGOをしながら少々歩き回って気付いたこと。 かなりバッテリー消費が早いです。またちょくちょく通信も行ってるようでパケットも結構増えます。 私のスマホがいきなり熱を帯びてきました。

また、常にポケモンGOを表示している状態でないとポケモンは捕まえられないみたいです。 一応バッテリーセーバーという機能があって、これをオンにした状態で画面を逆さにしておくと画面が暗くなってバッテリーの消費を抑制、ポケモンの出現時は振動で教えてくれるようです。 しかしメインで起動しておかねばならず、バックグラウンドで起動していても何かしら通知してくれるかと思ったらそうでもないようです。 そんなかんじの割に重たいアプリなんですが、さて具体的に声かけるにはどこがいいでしょうか。

この週末あたりなど歩きスマホの人達は全員ポケモンGOをやってるんじゃないか?というくらい目につきましたが、実際にポケモンGOで声を掛けるにあたりオススメのスポットはどこでしょうか。

定番なのはやはり「ポケストップ」です。ゲーム内で使えるアイテムが貰えるスポットなので当然人が集まります。 1回アイテムを貰っても5分くらいでまた復活するみたいなのでマクドナルドのような飲食店だと声をかけて話しながら、アイテムを回収してと利用しやすい場所です。 範囲が少し広めに設定されているので、マクドナルド以外でもポケストップに隣接するカフェなどの店舗などでも使えます。

またゲーム内には「ルアーモジュール」というポケストップに30分間ポケモンを引き寄せる課金アイテムがあって、この効果は他のプレイヤーにも有効なのでこれを餌に声をかけるのも効果高いと思います。 「ルアーモジュール」が使用されているポケストップは花びらが舞っているような見た目になって、実際すごい勢いで人が集まってきていました。

「これからここでルアーモジュール使おうと思うんだけど、一緒にどうですか?」これで最低30分は場が持ちます

あとはレアなポケモンの出現する場所もオススメです。 ポケモンには集中的に出現する「ポケモンの巣」が設定されているようで、特にレアなポケモンの巣には人が集中します。

そこで「どこにでました?」とか「さっきあそこで捕まえましたよ。」などをきっかけに声をかけてみてもいいと思います。その後は、会話が普通に盛り上がったら、普通の流れでLINEの交換を申し出てみましょう。もちろん、断られたり怪訝な顔をされることもありますが、何人かに一人はLINEのIDを交換してもらえます。実際に、管理人は2時間で2人ほど、LINEの交換ができました。悪くない人数です。

特にリリースされて間がない今ならプレイしている人の数もタイプも豊富なのでやりやすい状況だと思います。

この辺りのノウハウは、出会い系サイトの使い方というよりも、ナンパのノウハウになってきますね...。正直、目の前で断られたり怪訝な顔されると傷つきますね。ナンパ師はすごいなと思います。LINEの交換は一切無しで、ちょっと楽しくお話をする程度であれば、警戒されることもないでしょう。ただ、それだと意味が無いので一歩を踏み出す必要があります。

ポケモン以外接点がない人とその先に行くのは難易度が高いな...。という印象です。普通の出会い系サイトや、SNSなどだと、基本的に共通の趣味や価値観の人とコミュニケーションを取ることが多いので。付け加えると、人口の多い都心や、地方都市でないと確率的に難しいかもしれませんね。

ポケスポットは一覧が公開されていますし、ポケモンの出現場所もプレイヤー間で盛んに情報交換されていますのでネットで調べて身近なスポットに繰り出してみて下さい。


ポケモンGO関連の出会いサービスが続々登場

さて、ポケモンGOを使った出会いの基本的な仕組みは実に素朴な流れだということを紹介しました。 ポケモンGO自体にはコミュニケーション機能は現在いっさいありません。

それならということで外部が活発に動いています。海外では既にポケモンGOプレイヤーのマッチングサービスなどが複数登場しています。 身近にポケモンGO仲間がいないけど誰かと一緒にプレイしたいという人に向けて、時間と場所などを指定して相手を探すサービスです。 既存の出会い系アプリのシステムを流用したようなものもあるようです。

日本でもすでに複数の仲間募集掲示板などが存在するようです。アプリのストアを検索するとポケモンGO自体が配信される前からいくつかあったようです。 こうしたものは得てして個人情報収集が目的の詐欺アプリであることも多いですので注意して下さい。

ですがポケモンGO自体は話題のアプリですので既存のLINE掲示板なんかに「ポケモンGOやってます。」などと書いておくのは効果的かもしれません。 こうしたゲームは1人でもできますが複数人でやりたいという人が多いでしょう。

また、これは現在はできないのですが「ポケモン」のシステムとして捕まえたポケモンをネットや赤外線通信を使って交換する機能があります。 ポケモンGOには現在実装されていませんが、プロモーションムービーなどには交換機能も紹介されていたので今後実装される可能性もあります。 この「ポケモン交換」機能がどういった風になるかでプレイヤー同士のコミュニケーションが活発になるかもしれません。 ポケモンGOで是非出会いをとお考えの方は今のうちに珍しいポケモンを捕まえておくといいことあるかもしれませんね。

以上、ポケモンGOを使ってみた感想でした。 現状はやはりゲームといった感じです。世界中からの報告にあったようなプレイヤー同士の偶然の出会いに期待してもいいですが、それならゲーム自体を楽しんでできることが前提になります。

今後、ゲーム内にSNS的な機能が追加されてくるとまた話が変わってきますが、世界的なコンテンツのポケモンが登場する任天堂が開発に関わったゲームがそう易々と出会いの宝庫となるようなこともなさそうな気がします。

ポケモンGOで出会うぞ!と張り切るよりも話の種的にボチボチ楽しんでいった方がよいのではないでしょうか。

管理人が選んだ優良出会いサイトランキングbest3