SNSでの出会いは、危険がいっぱい

★おすすめ。管理人が使い倒した!驚くほど会える、出会い系サイトランキングBest5

SNSは成功率が極端に低い

 当サイトでも、Facebook やミクシィでも出会いはどうなのかどうページがヒット数を集めいていますが、こういったソーシャル系のメディアでの出会いはいいことがありません。
 ミクシィは、今でこそ実名登録ではありませんが、Facebook は今も実名制で、この両者どちらも、リアルの友達も登録している。会社の同僚も登録している状況がほとんどです。別アカウントを作れば大丈夫なんじゃないの?と考える人もいるかも知れませんが、アウトです。そもそも、若い女の子ばかりフレンドやマイミクにいるような男性を本気で相手をしてくれるような女性はいないのです。


SNSは身元が割れる可能性が・・・

 その点、出会い系サイトは、SNS昨日が付いているだけでなくて、体型や、身長など選び放題で声をかけても、返信が来ないこともありますが、成功率が俄然違います。 ただ、私が、強調したいのは、成功率ではありません。ソーシャル系メディアで、あなたがやたら滅多女の子に声をかけることは、あなたの社会的信用を失うことになるのです。出会い系で、やたら女の子に声をかけても、あなたの信用が失われることはありません。それは、そういう場ですし、あなたはリアルの友達もいなければ、職場の同僚もいないのですから、そちらの方面から、どこそこにお勤めのマルマルさんとバレる心配はないのです。
今のネット社会本気になれば、別アカから本アカを調べ出すことはそれほど難しいことではないのです。


その相手、ほんとうに大人ですか?

そして、ソーシャル系の最も危ない点は、JK(女子高生),JC(女子中学生)、JS(女子小学生)の問題です。最近、アメーバーピグで年齢制限をかけるとのニュースが話題になりましたね。
実は、わたしも某ゲームサイトで、「えっちなおはなししませんかぁぁ」と自称JS(女子小学生)から話しかけられたことがあります。少し話してみた感じこれは大人ではないと判断してすぐさま抜けました。

恐ろしかったです。
実際に淫行を働いたわけでもなく、えっちな会話をしたわけでもないのですが、恐ろしいと思いました。何が恐ろしいって、ほんとうにそうしたことがなくても、その少女がそう証言したら、今の自分の地位が一気に崩れ去るのではないかということが怖かったのです。

 確かに、大手出会い系サイトに未成年が紛れ込んでいることは、あるかもしれません。それは、SNSサイトの比ではありません。自分の社会的地位、現在の職業が惜しい方は出会い系をおすすめします。どうしてもJKがいいという方は、無料動画やDVDの女子高生っぽい人のお世話になりましょう。

管理人が選んだ優良出会いサイトランキングbest3