出会い系で写メ交換以降の実際に会うまでの出会い方

★おすすめ。管理人が使い倒した!驚くほど会える、出会い系サイトランキングBest5

写メ交換までできたけど......

出会い系でやりとりしていて、だいぶ打ち解けられたなと感じると次はいよいよ実際に会いたいところ。写メ交換もスムーズに進んだのでそこから先もトントン拍子にうまく進みたいところですがそこがどうしてかうまくいかない。ダラダラとメル友状態が続いていつの間にかフェードアウト。そんな失敗体験をお持ちの方も多いかと思います。

実際のところ、出会い系をやっていると最初のメッセージのやり取りの段階と後半の写メ交換後から実際に会う迄のところに大きな難関が待ち受けてると思います。ここではその大きな壁の1つどのようにすれば「実際に会う」ところまで到達できるか、について1つポイントを挙げて攻略の手助けしようと思います。

会えないのは写真が原因ではない

写メ交換までしたのに実際に会うことができないと「自分がイケメンじゃないから」とヘコんでしまいがちです。しかし多くの場合顔がかっこいいかどうかが原因で会えない訳ではありません

むしろイケメンに見えるようにと写メの取り方に凝りすぎるのはあまりオススメできません。もちろんいかにも臭ってきそうな不潔な背景や不快な格好で撮るのは論外ですが、あまりにも光の方向や映る角度やポーズにこだわったような写真もナルシストっぽくて白々しい写真になってしまいます。それではいくら頑張ったといっても相手の印象はマイナスです。わざとらしくない自然な表情のもので十分です。

重要なのは「安心感」

それでは実際に会うまでに重要なものは何かというと、ズバリ「安心感」です。この人となら会っても大丈夫。会ってもきっと楽しいに違いない。そう相手に思わせるような安心感をなかなか会えない人は相手に与えていたでしょうか?

いくらイケメンであっても、いきなり直接会おうと持ちかけてくる人や、メッセージをやり取りしてても話が噛み合ない人と会おうなんて思う人はいません。それでなくても出会い系サイトはサイトを通じて見知らぬ異性と出会おうとするのですから、利用者の行動意識としてあるのは第一にトラブルをさけることです。ですので実際に会うまでに必要な要素では顔や容姿は二の次三の次、まずは会っても大丈夫という安心感が一番なのです。では安心感をどういうふうにして与えればいいのでしょうか。

実際に会うことをイメージさせるのがコツ

実際に会っても大丈夫と思わせるような安心感、それは日頃のやり取りの中から生まれます。まずは相手の話にあわせて盛り上がれる雰囲気が大事です。そして会話の中に相手を気遣うような言葉が盛り込めればだいぶ進展したと言えるでしょう。しかしそれでもこのままではメル友止まりの関係で終わってしまうかもしれません。さらに実際に出会うためにもう一歩踏み込むには、相手に自分と実際に会うことをイメージしてもらうことが肝心です。

実際に会うイメージを持ってもらうには会話の中に具体的な場所を入れるのが効果的です。お互いに共通する場所が近場にあれば1番良いですが、テーマパークなどの旅行先でも構いませんしお祭りなどのイベントでも構いません。相手に自分といるトコロを実際にありうることだと想像してもらうこと、二人で出掛けることが自然に想像できること、それは大きな安心感を与えたということです。共通するスポットが見つからない場合でも「出会い系で実際に会ったことある?」とか「自分は今まで何人か会ったことあって〜」と、「実際に会う」ことそのものを話題に始めるのもアリだと思います。実際に会うイメージが相手に湧いているようなら、ただのメル友から大きく進展したと言えます。

いくらイケメンであっても相手に警戒されてしまえば実際に会うことは難しいです。安心して会いに行けるような安心感を抱かせればイケメンかどうかは関係ありません。日頃のやり取りの中でも容易に実践できるポイントだと思います。

管理人が選んだ優良出会いサイトランキングbest3